忍者ブログ
SOLID DAYS
カウンター

開設から 日が経過しましたよ
おすすめ
最新コメント
無題 名無しさん@そりっどでいず。 [06/19]
上信越道の甘楽PA上下線 ぴよ子彦 [02/26]
オンライン うぃーく(weak) [02/21]
無題 ショウ [02/21]
無題 名無しさん@そりっどでいず。 [02/19]
無題 名無しさん@そりっどでいず。 [02/19]
久しぶりに 名無 [02/18]
無題 栃木 [02/16]
管理人 うぃーく(weak)
YouTube ドリスピ
YouTubeに動画をアップしていく身としてやはり気にするのはチャンネル登録者数であろう。それは、視聴者にとっても同じかもしれない。観ている動画元のチャンネル登録者数は、視聴する側でもどのくらいあるのかチェックをする。少なくとも僕はそうで、観ているチャンネルの規模がどのくらいであるかの、おおよその指標としている。

しかしながら、忘れてはいけないもっと大切な数がある。それはチャンネルの動画の総視聴回数だ。いくら登録者が多くても、動画の視聴に結びつかなければ意味が無い。

最初の頃は登録者数ばかり意識していたが、チャンネル内で動画が何回再生されたのか、100万回再生の突破を目標にしてきたあたりから、意識の矛先がそっちに変わっていった。

まだ分からないのだが、ドリスピ動画を主要としているYouTubeのチャンネルにおいて、あと3、4ヶ月で視聴回数がトップに君臨出来る見込みなので、ここでチャンネルの過去の下積み時代の話や、他のドリスピ動画投稿者についてどう思っているのか、正直に述べていきたいと思う。

ちなみに僕は学生なので、YouTuberでは無いと自分で思っている。そもそもYouTuberの定義がYouTubeに動画を上げている人のことを指すとどこかで聞いたが、それならば確かにYouTuberかもしれない。しかしながら「好きなことで、生きていく。」みたいなキャッチフレーズの生き方は難しいと考えているし、YouTubeをこのままずっと続けていこうとは思っていない。

YouTubeはあくまでも趣味の範囲でやっている。その趣味が派生して、今後に役立てたらいいとも思っているし、動画を観ている人に何かしら与えるものがあれば良いと思っている。
前置きが長くなったが、僕がYouTube上に初めて動画を投稿したのは2008年のことだ。この時は別に定期的に更新しようとは思っていなく、まさに今ここにある、ブログを宣伝するために動画を作って投稿した。ご存知の通り2008年なんかはYouTuberなんて言葉は存在しなかった。顔を出して動画を投稿している人なんてほとんど居なく、そんな人たちは奇異な目で見られるくらいの存在だった。

その後の初投稿以降のことは割愛して、話をドリスピの動画を投稿した頃に移す。2014年の12月にドリスピ動画を初投稿したのだが、きっかけとしてKIMIHIKOさんや塾長ガレージのPONさんとかの影響が大きかった。

当時は僕は精力的にTwitterでドリスピのことやスクショを投稿しており、PONさんやその周辺の人たちと積極的にリプの飛ばし合いなどをしていた。

しかしながら次第にDQNチックな人が居たり、卑猥な表現、下ネタ、コラ画像をツイートする人達が嫌になり、Twitterでドリスピの投稿することを避けるようになった。ハッシュタグの「#ドリスピ」も、付けないようにした。

もちろんPONさんはドリスピの第一人者だと思っているし、彼のドリスピに対する貢献はかなり大きいだろう。大多数の人のリプや伝言板にもマメに応えていて、応対も丁寧。動画のクオリティも不動の地位を誇り、編集方法など彼に支えてもらっている部分もあり、ありがたいと思っている。しかし、あまり大きな声では言えないのだが、卑猥な発言をすることがあり、やや不快である。ドリスピのアバターを加工して卑猥な画像に変えたり、Twitterのリプでも、ドリスピの伝言板でも、卑猥な言葉や応対が目立ち、まわりの人の発言もまた卑猥でそれに乗っかって応対している。最近ではプロフィールに「月窒内身寸米青」などと書いている。

もちろん何をしようが勝手ではあるが、あからさまにそういうことをする人は苦手で、小学生以下の人もプレイしているゲームでそういった発言は健全ではなく不適切だと考えるので、快く賛同は出来ない。

話をKIMIHIKOさんに移すと、彼の動画はフレンドバトルが中心で、僕の動画投稿スタイルも彼に習っているところが大きい。それと、動画を観始めた頃に、動画の前に広告が流れることがあった。これは、動画で収益を得ている証拠である。当時ドリスピ動画で収益を得ている人は恐らく彼だけだった。ドリスピの動画投稿で、収益を得ることが出来ると知ったのも、この時であった。

最近はドリスピの動画で広告を付ける人も多くなってきたし、ドリスピの動画をアップする人も一気に増えた。把握している範囲だけでも恐らく30人はゆうに超えるのではないか。基本的に、ドリスピ動画といったら、KIMIHIKOさん、takudriさんという感じだった初期の頃に比べると、大発展といっても過言ではない。

僕のドリスピ動画投稿の初期の頃は本当に大変で、全然視聴回数が増えなかった。チャンネル登録者数も、18人だった時のことを覚えている。今は他のチャンネルにコメントをしたりして、自分のチャンネルに動画をアップすれば、登録者30人とかは、簡単に得られるようになっているかもしれない。

YouTube ドリスピ

今でも覚えている苦労話は、湾岸コラボの全ストーリーを必死に録画してアップしていたことである。とにかく走行シーンを編集でカットして、ストーリーの録画部分をアップしていた。なぜ走行シーンをカットしていたかというと、自分の操作に自信がなかったからである。編集せずにアップすればいいものを、大量にあるストーリーを録画してカット編集してアップして、非常に骨の折れる作業であった。

ところがそれを続けていたある日、急に視聴回数が増えた。増えたといっても40回くらいであったが、当時管理画面を見て驚き喜んだ。湾岸コラボのストーリーを進める度にすべての流れを収めて一つも欠かさずにアップしていた、その継続の成果でもあったかもしれない。その時の動画の一つに、現在の再生回数が1万回を突破したものも含まれている。

そんな苦労もあって、今までドリスピ動画の投稿を続けてきた。自分では、クソ動画をたくさん作ったと思うこともあるが、それはバトル動画に協力してくれた人にも失礼だし、中には面白いと言ってくれる人もいる。毎回観てくれている人だっている。コメントも、色んな人がたくさん書いてくれて、それを読んで返事をすることが楽しい。

幸いMCNというYouTubeのサポートをしてくれるネットワーク事務所にも入れたし、動画を編集すること、撮影することが楽しみでもある。今後は更に視聴者を釘付けに出来るような、何か違うアイディアやスタンスでの動画も作れたら良いと思っている。

PR
RSS Feed Widget
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
RSS Feed Widget
ブログ内検索
プロフィール
[HN]
うぃーく(weak)
[性別]
男性
職業:
学生
[趣味]
ゲーム、ランニング、WEBデザイン、動画編集、音楽鑑賞
お問い合わせ
ブログランキング
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ


人みている。
管理
Respect Links
相互リンク
Twitter
RANK
ページランク
Copyright © 2008 SOLID DAYS All rights reserved.
忍者ブログ [PR]