忍者ブログ

SOLID DAYS

このブログは、日記、商品紹介、iPhone、猫、モンスト、ドリスピ、ぴよりーな、面白ネタ、PSP活用など、色々取り上げています。

発表!今、読みたい新潮文庫2009年の1位は「オーデュボンの祈り」

久々に本屋行ってきました。
新刊、雑誌、文庫という流れで本を見ていると、「今、読みたい新潮文庫2009年」が発表されていました。
ランキングトップ10もあり、1位は、伊坂幸太郎さんの「オーデュボンの祈り」でした。

実は俺、前々から伊坂幸太郎さんの大ファンなんです。
大ファン・・・というか、文庫本で出された作品は、全部買って読んでいます。

SA3D0007.JPG
「オーデュボンの祈り」のあらすじ
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”に は、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺され る。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか
伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』|新潮社

伊坂幸太郎の本に出会ったのは、中1の夏でした。
「重力ピエロ」背表紙をみて、なんとなく手を伸ばして、あらすじを読んでみました。
次に本を開き、最初の1行、「春が二回から落ちてきた。」を読んだ時には既に、心を惹かれていました。



その後、「オーデュボンの祈り」も「ラッシュライフ」も、すぐに買って読みました。

断片のストーリーが、最後、一気にリンクしてクライマックスを迎える所が爽快でたまらなかった。
“最後のリンク”が特に凄いのは、「ラッシュライフ」だったかな。
たくさんある、糸の絡まったような伏線が、最後、綺麗な1本の糸の様に繋がります。

文体も独特で、所々に比喩が使われています。クスリと笑ってしまうような部分もあったと思います。
理解しやすく、癖があって面白い文章なので、どんどん読み進めてしまいます。
一度読んだら止まらなります。俺は、1ページ読んだら止まらなくなりました。

それぞれの本の細かい内容は、忘れてしまったけど、読んでみたら、きっと、巧みな文章と全体の構成に惹かれると思うので、おすすめしたいです。

「今、読みたい新潮文庫2009年」で、1位を獲得した「オーデュボンの祈り」。
確か「重力ピエロ」も、似たようなランキングで3位と取っていたと思います。
3位から1位へ。
だんだん多くの人に、支持されるようになってきた証だと思います。

「オーデュボンの祈り」は、伊坂幸太郎のデビュー作らしいので、まだ読んだことがない人は是非これを!
「陽気なギャングが地球を回す」も映画化された、とても面白い作品で、俺はこの登場人物が特に好きです。
「死神の精度」や「チルドレン」は、短編集の様になっているので、読みやすいと思います。


オーデュボンの祈り (新潮文庫)陽気なギャングが地球を回す (ノン・ノベル)魔王 (講談社文庫)

伊坂幸太郎の作品をみる
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

陽気なギャングが(ry
それ本屋で良く見かける!
立ち読みならしたけど買ってないなw

俺は山田悠介のファンだぜwww

無題

読書か・・・
ハリーポッター読んだのが最後で考えると
死の秘宝が8月ぐらいだからもう4ヶ月ぐらい読書してない気がするw

俺はそんなに読書してないのかww

無題

魔王は読んでみたいな~

太郎sと気が合いますね~ww

山田悠介は僕もファンです^^

無題

>>太郎
最近人気だからね
伊坂の特設コーナーあったりしてね
山田悠介!
8.1なら読んだよー
骨壷とか印象深いな。怖くていいよね。

>>une
最終巻「死の秘法」が発売されること知って、頑張って最初から読もうと思ってたけど・・・今、「秘密の部屋」
入院しているあいだ読めばよかったのに!

>>地
魔王おもしろいよー
山田悠介ファン多いね。

カウンター

最新コメント

無題 名無しさん@そりっどでいず。 [11/29]
無題 阿部れく [11/29]
無題 阿部れく [11/29]
無題 名無しさん@そりっどでいず。 [06/19]
上信越道の甘楽PA上下線 ぴよ子彦 [02/26]
オンライン うぃーく(weak) [02/21]
無題 ショウ [02/21]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
うぃーく(weak)
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
ゲーム、WEB制作、動画編集

お問い合わせ

管理